株式会社 永池 創業1874年の老舗に事務用品のすべてをお任せください。 株式会社 永池

紙製品の活用事例集

【6】封筒・カード

こんな紙がおすすめ!
 ≫クラフト紙、ファンシーペーパー、個人情報保護紙

業務用の封筒といえば、クラフト紙を使ったいわゆる“茶封筒”が一般的です。クラフト紙には強度があり、加工・印刷もしやすいもの。しかし、紙の色や質感からこだわってオリジナルのデザイン封筒・カードを作り、個性を演出するのもいいですね。個人情報保護紙や点字加工を活用すれば、社会的責任をもった運営姿勢もPR可能です。

<こんなケースにおすすめです!>

●ファンシーペーパー:結婚式場やホテル、飲食店のDM、グリーティングカードなど
●個人情報保護紙:官公庁や企業、病院などで扱う書類・封筒など

9「オリジナルDMを作りたい」

DM封筒
「ファンシーペーパー」を使った封筒の出来上がり見本も多数用意。

人の目を引くオリジナリティあふれる封筒を作るなら、「ファンシーペーパー」がおすすめです。色・柄・厚みともに種類豊富で、エンボス(型押し)加工や金の箔押し加工などもあります。ポップに、格式高く、アートに…など、イメージに合わせてお選びください。
DMカードも個性的に

カード
薄くて軽量なのに、光沢があって存在感ある「キャストコート紙」。

鏡のような光沢をもつ「キャストコート紙」はいかがですか?商品写真がより鮮明に映え、存在感がありますよ。
10「個人情報をガードしたい」

ハーフトーンカラー99
「ハーフトーンカラー99」はビジネスユースにも対応する淡い色調。

セキュリティ用紙
「セキュリティ用紙」は偽造防止効果があり、商品券から一般企業での重要書類まで活用OK。


個人情報保護の観点から作られた“透けない”封筒用紙「ハーフトーンカラー99」がおすすめ。裏面印刷や2重封筒など特別な加工を必要とせず、軽量でローコストのまま、中の文書情報を守ります。古紙などを原料に用いた環境配慮型商品で、官公庁でのご使用にもぴったり。

ご相談はこちら